« 半分少女 | トップページ | パティって »

2012年1月15日 (日)

しっとりラブバラード

本日はクソ寒い人肌恋しいこの冬に個人的に聴きたいwしっとりラブバラードを貼り付けようと思います。


まずはエリック・クラプトン(Eric Clapton)のワンダフルトゥナイト(Wonderful Tonight)。

たしかこの曲ってパティがパーティーの為に(パティがパーティーwww)着るドレスがなかなか決まらないところを見て「今夜のお前ごっついサイコーやで」といったことをその場でササッと書いた超絶オノロケソングでしたよね?
まあでも綺麗な曲ですよね。夜寝る前にソファーに恋人と体を寄せ合いながらお聴きになるのをお勧め致しますwww


お次はカーペンターズ(Carpenters)のI Need To Be In Loveです。邦題は「愛と青春の輝き」でしたっけ?忘れちゃったわ。あ、「青春の輝き」だそうです。

前にあたしがyou tubeで聴いてたら、お母さんがこれは、「私は自分が恋したいの知ってる」って言ってる的な事を言ってた気がしますが忘れました汗
それにしてもカレンの声素敵ですね~confidentボイストレーナーに「アンタに教えることないわなコレ」と言われたほどですもんね!


カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)がJason Donovanとデュエット?したEspecially For You
あたしの英語力ではタイトルを訳すと「とりわけあなたに」ってすごい堅い感じになるんですがまあいいでしょう(^-^;


続きましてRighteous Brothers(読めんw)のアンチェインドメロディー(Unchained Melody)
1965年の曲で映画「ゴースト」に使用されリバイバル・ヒットしました。名曲ですよね!

声量があるのに上品な歌声ですね。最後の「いいいいーいーいー」は鳥肌モノですね!


シュープリームス(The Supremes)の確か邦題は「愛はどこへ行ったの(where did our love go)」

曲調はしっとりではなくむしろ明るいんですが、「愛はどこへ行ったの」っていう邦題からしてその切ない感じがあたしのツボにはまったんですよね。う~ん邦題だけで泣ける!泣かないけどw

真ん中の人が森山中の村上さんに似てる。


はい次。ポール・マッカートニー(Paul McCartney)のMy Love

世紀のメロディーメーカーポールの底力ここにあり!


ここでやっと邦楽の登場です!
小林明子さんの「恋におちて」

貼るために久々に聴きました。あ~懐かしい(オマエいくつなんけ)
この曲のテーマが不倫だと知った時の衝撃といったら!ま、それはさておきw、歌詞が全体的に切なすぎますね。もーだめだあー


関連動画でみつけた杏里さんの「オリビア聴きながら」

イイ曲ですね~あたし、こういう大人のラブソング、大好物ですよ。よく歌詞聴いてないですけどwww


トリを飾るのは、チューリップの「心の旅」

今の気分的にこの曲が一番胸が締め付けられますねw
ビートルズな感じがしますね。
歌詞とは裏腹に、声高らかに楽しそうに歌うみなさんが印象的です。


« 半分少女 | トップページ | パティって »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1555054/43747515

この記事へのトラックバック一覧です: しっとりラブバラード:

« 半分少女 | トップページ | パティって »

フォト
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル